木曽三川公園(138タワーパーク)

公園

 この公園は芝生広場、複合型遊具、サイクリングコース、お花畑(イルミネーション)など様々な特徴があるため、幅広い年代の多岐にわたる活動に適していますが、このブログでは「遊具遊びをメインにした親子連れ」に特化させて記載させていただきます。

【公園データ】
  ・場所    愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3

国営木曽三川公園 138タワーパーク
★★★★☆ · 国の公園 · 光明寺浦崎21−3

  ・開園時間  9:30~17:00 イベント時(ライトアップ等)には延長する場合もあり
  ・休園日   毎月第2月曜日 (8月・12月を除く/休日の場合は直後の平日)
  ・入園料   無料
  ・駐車場   無料(900台)、バス19台(臨時駐車場を含む)
  ・HP等   

国営木曽三川公園
愛知、岐阜、三重の3県にまたがる日本一広い国営公園。三派川地区・中央水郷地区・河口地区の3地区からなり、全部で13拠点が開園しています。

※各種情報は2021年3月1日時点のものです、最新情報は公式HPをご覧ください。

【訪問データ】
  ・訪問日  2021年2月28日(他多数)
  ・訪問者  パパ、娘
  ・滞在時間 11:00~13:00(2時間)
  ・コスト  園内売店でソフトクリーム(330円)を購入

1 特徴
 公園内西側と東側(駐車場からみて手前と奥)大きく2箇所に遊具が配置されているエリアがあります。それぞれに魅力がありますが、低年齢なら東側、大きくなったら西側で遊ばせてみるとよいでしょう。
 東側(わくわくスライダー)
  12種類の様々なスライダーが設置された複合型遊具、地面はクッション人工芝、中央のローラースライダーは人気です。また、すぐ近くには屋根付き人口芝生、トイレ、自動販売機も設置してあり、休憩しながら子どもを見守ることにも適しています。
 西側(タワー遊具)
  いくつかの複合型遊具やターザンロープが点在しており、年齢に応じて使い分けることができます。メインのタワー遊具には大人が入るのは困難であるため、子どもが自力で登れるようになるまでは遊ばせるのは危険。駐車場から近い場所にあるため、気軽に立ち寄り、遊ばせることができます。しかし、娘はここで遊ぶだけでは満足しないため、あまり意味はない…(必ず、東側にも連れて行かされますw)

2 良いところ、残念なところ

 良いところ
 ・豊富な遊具
   遊ばせる遊具に困ることはないでしょう。

 ・クッション人工芝
   転んでも痛くありません。

 ・広い駐車場
   満車だったことはありません。(近くが埋まっていたことはあります)

 ・トイレ
   多目的トイレもあり、パパでもオムツ替えを気にすることはありません。

 

 残念なところ
 ・混み具合
   天気の良い、土日祝日は激コミになります。特にメインのすべり台には集中します。

3 まとめ
 導入で記載したとおり、本ブログでは「遊具遊び」に特化した内容で記載しましたが、この公園は芝生広場でボール遊び、ピクニック、自転車をレンタルしてのサイクリングやベビーカーでのお散歩など遊び方は無限です。近くにこのような素晴らしい公園があることに感謝して、今後とも楽しく利用させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました